BASARA

BASARA(ばさら)とは、天明屋尚が2010年に提唱した美術概念。
南北朝期の婆娑羅、戦国末期の傾奇者、幕末の浮世絵師、現代のデコ文化に連なる華美にして覇格の美の系譜を『BASARA』と総称している。侘び寂びや禅の対極にある、粋で勇猛な武者気質と位置づけた。日本の近代私小説における問題点と同様に、マイクロな個人の内面の吐露で終わりがちな日本の現代美術の弱点からは一線を画し、日本の文化軸と歴史軸を直結。「個」の物語に終わらない、日本美術の新たなアイデンティティを模索する試みとなっている。さらにBASARA(ばさら)は、貴族趣味(ハイ)でも大衆迎合(ロウ)でもない第三路線、日本のストリートに根づいた武者気質という立場をとることで、西洋のハイ&ロウの図式に回収されることを回避している。

縄文土器が体現する豪快な生命力を原点としつつ、戦国期に生まれた華美で覇格の武者気質、BASARAは、王朝文化が復権した江戸期には「悪所」に封じ込まれて抑圧されたが、時代が下るにつれ、男伊達な幕末の浮世絵師たちによって再び華開いたといった見解が骨子となっている。BASARAを体現するストリート文化としては、古代の縄文土器に端を発し、金碧障壁画、変わり兜、織部茶碗、浮世絵、錦絵、山車、日光東照宮、刺青、そして現在のデコトラ、グラフィティ、劇画、デコ携帯などさまざまな視覚文化を網羅。さらにBASARAを代表する絵師として狩野永徳、岩佐又兵衛、葛飾北斎、歌川国芳、河鍋暁斎、狩野芳崖、狩野一信などを列挙。こうした規格外の技量と発想をもった絵師を、「異才」「奇才」などの記号で片付けず、BASARA の系譜として歴史の文脈の中で正統的に位置づけることを目指す。

岡本太郎や橋本治らが提唱した「弥生的」・「縄文的」と言われる日本美術(文化)の2分法(「弥生的」と「縄文的」の関係は、例えるなら月と太陽の関係にある)を継承しつつ、この「縄文的」なるものを発展的に拡充し、古代から現代までを歴史的につなぐ試みがBASARAと言える。その根本には、繊細・優美な陰の文化(弥生的)に対し、豪快で斬新な陽の文化(縄文的)が下位に置かれがちという、伝統的な日本美術の歪んだ美意識やモダニズムに対する問題提起がある。そのため、侘び・寂びとBASARA、記号と線描、漫画と劇画、オタク文化とヤンキー文化などの視覚文化を対置。侘び・寂びに代表される陰の美意識とBASARAの陽の美意識との差異として、BASARAは、雅趣より野趣を、典雅より新奇を、調和より破調を、情緒より刺激を、気品より狂気を、洗練より迫真を、そして日常より祝祭を志向するとしている。

これまで、日本の文化批評は概ね、外部(西洋文化)との距離感とその翻案が評価の源泉であった。日本の近代は、西洋文化という光を受けて輝く月としての文化受容であったわけだ。反面、日本文化そのものの相対化は、侵してはならない禁忌となり、結果、多様性を失った。その最たる例が「日本の心」のような欺瞞的神話だろう。例えばこの「日本の心」には、かつて江戸の浮世絵にあった諷刺や諧謔精神は普通入ってこない。だが何も、情緒的で風情ある月見 だけが日本文化であるわけもなく、満開の桜を愛で、大空を彩る大輪の花火に酔いしれ、絢爛な神輿や山車で威勢よく活気づく意気高揚とて日本文化に他ならない。例えるなら、繊細な線香花火も、豪快な打上花火も同じ日本の花火には違いない。だが、この線香花火や月見こそが日本美術の本丸として後生大事に抱え続けているのが旧態依然とした現状である。モダニズムを表面的に受容した従来の日本の文化観では、日常(月)は祝祭(太陽)よりも尊いと長くされてきた。近代以降の日本の文化観は、現代に至るまでずっと太陰暦なのである。こうした従来の月と太陽の関係を反転させる下克上を成し、日本美術本来の豊穣な日の光を取り戻す試みがBASARAである。それは、外部との比較ではなく、日本美術内における相対化によって、本来もっとあってしかるべき多様性を取り戻す挑戦でもある。

端的に言ってBASARAとは近代日本が捨象した「祝祭」である。このためBASARAは日本におけるモダニズム批判の性格を帯びてくる。日本における表面的なモダニズム受容は、本来の日本美術から人々の活気や現実批判の視点を捨象する形で神格化されていった。誤解を恐れずにはっきり言えば、それは日本画五山に代表されるように結局、「風景画」しか生み出さなかった。現代の日本画はいつの間にか人間の生や現代社会を活写するのが恐ろしく不得手となった。BASARAは、現代の日本画、日本美術における人間性や身体性の回復の試みでもある。

天明屋が編著した『BASARA 越境する日本美術論―縄文土器からデコトラまで―(美術出版社)』では、日本語・英語のバイリンガル表記のテキストと豊富な図版でより詳しく説明されている。