TENMYOUYA HISASHI

Born in Tokyo, in 1966 February. 
Tenmyouya Hisashi is a Japanese contemporary artist. 
He supposed his unique Japanese painting "Neo Nihonga" which revives Japanese traditional paintings as a contemporary art.
In 2010 he proposed a new Japanese art scheme named "BASARA" which is extravagant and extraordinary and embodies a Samurai aesthetic like "Basara" in Nanboku dynasty era and "Kabuki-mono" in the end of Sengoku era.

Selected Solo Exhibitions / Joint exhibitions: 
the 2002 "Kawanabe Kyosai and Tenmyouya Hisashi Exhibition" Kawanabe Kyosai Memorial Museum(Saitama, Japan), the 2009 “FURYU - EXTRAVAGANT” Mizuma Art Gallery(Tokyo, Japan), the 2013 "Ikeda Manabu and Tenmyouya Hisashi" Chazen Museum of Art(Madison, U.S.A), the 2014 "Ippitsu-Nyuukon Exhibition" Parco Museum(Tokyo, Japan), the 2017 “Transformation" Mizuma Art Gallery(Tokyo, Japan).

Selected Solo Exhibitions / Joint exhibitions: 
the 2003 "The American Effect - Global Perspective on the United States, 1990-2003" Whitney Museum of American Art(New York), the 2006 "Berlin - Tokyo" Neue Nationalgalerie(Berlin, Germany), the 2006 "MOT Annual" Museum of Comtemporary Art, Tokyo(Tokyo, Japan), the 2010 "17th Biennale of Sydney"(Sydney,Australia), the 2010 "BASARA Exhibition" Spiral Garden(Tokyo, Japan) Hosted, planned, and curated by Tenmyouya, the 2011 "Bye Bye Kitty!!!Between Heaven and Hell in Contemporary Japanese Art" japansociety(New York, U.S.A), the 2014 "Garden of Unearthly Delights: Works by Ikeda, Tenmyouya & teamlab" Japan Society(New York, USA), the 2017 "Japan-Spritis of Nature" Nordiska Akvarellmuseet(Sverige).

Some of the major Awards:
the 1990 " 11th Japan Graphic Exhibition "Winning judge Prize, the 2003 " 6th Exhibition of the Taro Okamoto Memorial Award for Contemporary Art "Winning excellent prize.

In addition to that, he serializes his paintings in magazines including "BURST" or "SENSE" etc as his art concept "Shijou-geijutsu"(Art on a magazine). 
Also he made Official Art Poster 2006 FIFA World Cup Germany and appears in a documentary movie "≒ Tenmyouya Hisashi". "TENGAI GALLERY" 2012 - 2013, produced by Hisashi Tenmyouya.

Public collections:
The Museum of Fine Arts(Houston, U.S.A), MFAH,Chazen Museum of Art(Madison, U.S.A), Takamatsu city museum of Art(Takamatsu,Japan).
 

 

天明屋 尚(てんみょうや ひさし)

1966年2月東京生まれ。
レコード会社のアートディレクターなどを経た後、現代美術家として活動。
日本伝統絵画を現代に転生させる独自の絵画表現を「ネオ日本画」、華美(過美)で覇格(破格)な美の系譜を“BASARA”と宣言。

主な個展・二人展:
2002年「天明屋尚と暁斎展」河鍋暁斎記念美術館(埼玉), 2009年「風流」ミヅマアートギャラリー(東京), 2013年「池田学と天明屋尚展」チャゼン美術館(マディソン,アメリカ), 2014年「一筆入魂」パルコミュージアム(東京), 2017年「形質転換」ミヅマアートギャラリー(東京)。

主なグループ展:
2003年「アメリカン・エフェクト:アメリカについてのグローバル的視点 1990-2003」ホイットニー美術館(ニューヨーク,アメリカ), 2006年「ベルリン - 東京展」ベルリン新国立美術館(ベルリン, ドイツ), 2006年「MOTアニュアル NO BORDER-「日本画」から/「日本画」へ」東京都現代美術館(東京), 2010年「第17回シドニー・ビエンナーレ」(オーストラリア, シドニー), 2010年「BASARA展」スパイラル(東京)を主催・企画・キュレーション, 2011年「バイバイキティ!!!天国と地獄の狭間で -日本現代アートの今-」ジャパン・ソサエティ(ニューヨーク, アメリカ), 2014年「異形の楽園:池田学・天明屋尚 & チームラボ」ジャパン・ソサエティ(ニューヨーク, アメリカ), 2017年「自然に宿る見えない力」ノルディック・ウォーターカラー・ミュージアム(スウェーデン)。

主な受賞歴:
1990年「第11回日本グラフィック展」粟津潔賞受賞, 2003年「第6回岡本太郎記念現代芸術大賞展」優秀賞受賞。

その他:
「BURST(コアマガジン)」「SENSE(株式会社センス)」などの雑誌に誌上芸術として連載, 2006年「FIFA公式アートポスター Official Art Poster 2006 FIFA World Cup Germany」制作, 2006年ドキュメンタリー映画「≒天明屋尚」主演, 2012年〜2013年TENGAI GALLERYプロデュース, 2014年〜TENGAIプロジェクト始動。

パブリック・コレクション:
Chazen Museum of Art(マディソン, アメリカ), The Museum of Fine Arts(ヒューストン, アメリカ), 高松市美術館(高松)。